monday.com日本公式パートナーブログ

世界125,000社が活用し日々業務改善を行う全く新しい「Work OS

最新記事

カテゴリータグ
片桐祐希乃
By
2022年06月14日

マネジメントコントロールとは?3つの手法やメリットを紹介

 

マネジメントコントロールとは、組織のメンバーが自分の力を発揮できるように管理することです。メンバー1人ひとりが適切なパフォーマンスを行うことで、より効率的に業務を遂行できます。本記事では、マネジメントコントロールについて解説します。


目次

  1. マネジメントコントロールが意味するものは?
  2. マネジメントコントロールがもたらすメリット2つ
    1. 組織の一体化を図れる
    2. 従業員のモチベーション向上につながる
  3. マネジメントコントロールの3つの手法
    1. 組織力を向上させる「環境コントロール」
    2. 従業員の行動を管理する「行動コントロール」
    3. 最終的な成果を設定する「結果コントロール」
  4. マネジメントコントロールにおける3つのポイント
    1. 組織内で情報を共有し合う
    2. 客観的な評価を行う
    3. 組織の体制を整える
  5. マネジメントコントロールには『monday.com』がおすすめ
    1. カスタマイズ性が高い
    2. ボード上でコミュニケーションが取れる
    3. 他のシステムと連携できる
  6. まとめ

 

h2:マネジメントコントロールが意味するものは?

マネジメントコントロールとは、組織のメンバーが本来持つ力を発揮できるように管理することです。マネジメントコントロールを行えば、組織内で協力し合いながら業務を遂行できます。

 

つまり、マネジメントコントロールは組織を適切に管理し、各メンバーがパフォーマンスを発揮するために必須の管理法といえるでしょう。

 

なお、マネジメントに関する基礎知識については、以下の記事をご覧ください。

マネジメントとは何か?必要な4つの能力やその伸ばし方も紹介

マネジメント能力とは?必要なスキルと能力を高める方法を解説

 

 

マネジメントコントロールがもたらすメリット2つ

マネジメントコントロールは、組織の一体化を図れることがメリットです。組織の方向性を定めることで、従業員も目標に向かって業務を進められます。

 

また、マネジメントコントロールを行うことで、従業員のモチベーション向上にもつながります。ここでは、マネジメントコントロールがもたらすメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

 

1.組織の一体化を図れる

マネジメントコントロールを行えば組織の方向性を定められるため、組織の一体化を図れます。マネジメントコントロールを実施していなければ、組織の体制が整わず、うまく業務を遂行できないこともあるでしょう。

 

特に起業して間もない会社であれば、組織の方向性が定まっていないケースもあるかもしれません。そのような場合にマネジメントコントロールを行えば、組織のメンバーが同じ目標を持って業務に取り組めます。

 

なお、マネジメントと混同されやすいリーダーシップとの違いは、以下の記事で詳しく解説しています。併せてご覧ください。

 

マネジメントとリーダーシップの違いは?必要なスキルと磨き方を解説

 

 

2.従業員のモチベーション向上につながる

マネジメントコントロールの実施は、従業員のモチベーション向上にもつながります。例えば、プロジェクトを進めていくうえで従業員がミスをしてしまったり、悩みを抱えてしまったりすることもあるでしょう。

 

従業員のモチベーションが低いまま業務を進めても、期待する成果を得られません。しかし、 マネジメントコントロールを行えば従業員のモチベーションを維持しやすくなるため、業務にも良い影響をもたらすでしょう。

 

なお、マネジメントの役割や必要なスキルなどについての詳細は、営業を具体例として以下の記事で紹介しています。併せて参考にしてください。

 

営業チームのマネジメントとは?役割と業務内容、必要なスキルを解説



マネジメントコントロールの3つの手法

マネジメントコントロールには、以下に示す3つの手法があります。

 

  • 組織力を向上させる「環境コントロール」
  • 従業員の行動を管理する「行動コントロール」
  • 最終的な成果を設定する「結果コントロール」

 

マネジメントコントロールは、これら3つの手法を軸に管理するのが一般的です。ここでは、それぞれの手法について詳しく見ていきましょう。

 

 

1.組織力を向上させる「環境コントロール」

環境コントロールとは、組織力を上げるための手法のことです。例えば、従業員が共通の目標を持って働けるように経営理念の教育を行ったり、適切な人員配置を考えたりするのが環境コントロールに当てはまります。

 

ただし、環境コントロールはすぐに成果を得られるマネジメントコントロールではないため、長期的な計画が重要といえるでしょう。

 

 

2.従業員の行動を管理する「行動コントロール」

行動コントロールとは、どの従業員が作業を行っても同じ成果を得られるように、行動を管理する手法のことです。例えば、業務内容をまとめたマニュアルを作成しておけば、初めて業務を担当する人でも同じ結果を出せるようになります。

 

行動コントロールの実施によって、具体的に指示することで成果を得やすくなるほか、従業員のミスを防げたり、チームワークの向上につながったりするでしょう。

 

 

3.最終的な成果を設定する「結果コントロール」

結果コントロールとは、具体的な行動を従業員に任せておき、最終的な目標を設定する手法のことです。例えば、顧客に応じて柔軟な対応が必要な業務の場合、マニュアルを作成することが難しく、従業員に行動を任せることもあるでしょう。

 

業務を担う従業員に具体的な行動を任せることで、従業員のモチベーション向上にもつながります。ただし、従業員の責任範囲が広くなるため、組織としての役割が弱くなる面に注意が必要です。

 

 

マネジメントコントロールにおける3つのポイント

マネジメントコントロールにおけるポイントは、以下の3つです。

 

  • 組織内で情報を共有し合う
  • 客観的な評価を行う
  • 組織の体制を整える

 

マネジメントコントロールを行ううえで、従業員の協力は欠かせません。組織内で体制を整え、従業員がモチベーションを保ちながら働ける環境を作りましょう。ここでは、マネジメントコントロールにおけるポイントを解説します。

 

 

1.組織内で情報を共有し合う

マネジメントコントロールを行う際は、組織内で情報を共有しましょう。例えば、上司しか情報を保有していない場合、部下である従業員に適切な指示を出したり、管理したりするのは難しくなります。

 

しかし、組織内で情報を共有していれば、今起きている状況もすぐに把握できるようになり、チームワークの強化にもつながるのです。

 

組織内の情報共有には、『monday.com』をおすすめします。monday.comのタスク管理画面でコミュニケーションが取れるため、情報をすぐに共有できるのです。monday.comの詳細は、以下をご覧ください。

 

 

2.客観的な評価を行う

マネジメントコントロールを行う際は、従業員を客観的に評価しましょう。従業員を主観的に見てしまうと、正当な評価ができません。すると、従業員のモチベーションやパフォーマンスを維持することが難しくなります。

 

また評価を行う際は、明確な基準を設定することが大切です。なぜなら、事務職のように評価基準がわかりにくい業務の場合、客観的な評価が難しいためです。そのため、従業員を評価する際は不明瞭な部分をなくし、誰もが納得できる評価制度を作っておきましょう。

 

 

3.組織の体制を整える

マネジメントコントロールを行う際は、組織の体制を整えることも大切です。例えば、現場の声を取り入れようとするあまり、さまざまな意見に耳を傾けていると、組織としての方向性がぶれる可能性があります。

 

そのため、従業員の声を聞きながらも、組織としての規律を正していくことがマネジメントコントロールを行ううえで重要なポイントといえるでしょう。

 



2:マネジメントコントロールには『monday.com』がおすすめ

マネジメントコントロールにmonday.comがおすすめの理由は、以下の3つです。

 

  • カスタマイズ性が高い
  • ボード上でコミュニケーションが取れる
  • 他のシステムと連携できる

 

monday.comを利用すれば、マネジメントコントロールのみならず、業務に関する資料もまとめられます。ここでは、マネジメントコントロールにmonday.comをおすすめする理由を詳しく見ていきましょう。

 

 

1.カスタマイズ性が高い

monday.comは、カスタマイズ性が高いことが特徴です。各プロジェクトで必要な情報がまとめられるように、カスタマイズできます。例えば、チーム内のタスクを時系列で確認したい場合は、タイムラインを使用すると視覚的に情報がわかりやすくなるでしょう。

 

プロジェクトに応じたボードを作成することで、よりスムーズにマネジメントコントロールを行えるのです。ちなみに、monday.comはプロジェクトマネジメントツールでアワードを受賞しています。

 

 

2.ボード上でコミュニケーションが取れる

monday.comは、ボード上でコミュニケーションが取れるのも魅力のひとつです。例えば一般的なツールの場合、チーム内のメンバーにメールを送る際には、別のコミュニケーションツールを開かなければいけません。

 

しかし、monday.comではタスクを管理している画面上でコミュニケーションが取れるため、コミュニケーションコストを抑えながらメンバー間で情報を共有できます。

 

 

3.他のシステムと連携できる

monday.comは、50以上もの既存ツールと連携できます。「タスク管理ツールを導入したいけど、今使っているツールはそのまま使いたい」と考える人にもおすすめです。

 

今まで使用していたツールから乗り換えることなく使い続けられるため、一から情報を作成する手間もかかりません。monday.comを利用すれば、今まで蓄積してきたデータを活用しながらマネジメントコントロールができます。

 



まとめ

マネジメントコントロールは、従業員が持つ力を発揮できるように管理するのが目的です。本記事で紹介した3つの手法をうまく活用しながら、従業員のパフォーマンスを向上させてください。

 

また、マネジメントコントロールを行うことで組織の一体化が図れるため、組織が一丸となって同じ目標に向かって努力できるでしょう。

 

世界10万社以上で選ばれているmonday.comは、業界・職種を問わず最適なプロジェクト管理を可能にします。まずは無料トライアルからお試しください。

Powtoon_banner

 

Whatagraph_banner1

 

Sisense_banner

 

BUY On HUBSPOT