ヤフー株式会社 様

ヤフー株式会社は、主にイーコマース事業、会員サービス事業、インターネット上の広告事業などを展開。

人々が完全なる「自由自在」を手に入れることのできる世界を実現する、というZホールディングスの目標の元、オンラインとオフラインの境界を無くした、100を超えるサービスを提供しています。

導入前の課題

属人的な判断に基づき業務対応を行うことが多かったため、対応を行う基準や生産性を適切に計測できずにいました。
そこで、適切な計測に基づき業務を進められるよう、下記3点を解決できるような業務の管理体制を整えるためツールの検討を開始。

  1. 業務対応による生産性の可視化
  2. 業務対応による生産性に基づく対応基準の検討
  3. 数ヶ月先までの業務可視化による業務負担の調整

monday.comを選んだ理由

他社と比較した結果、monday.comでは以下5点を実現できることに加え操作方法を直観的に理解してもらいやすいという点で、日常的にコミュニケーションをとらない幅広い部門との業務のやり取りをmonday.comを用いて行うことが障壁にならずに使いやすそうだったことが決め手となりました。

  1. 業務内容に応じて複数併設していた問合せ窓口の一元管理
  2. 業務対応に掛った対応時間の計測
  3. 業務対応による生産性の可視化
  4. 業務対応の可否結果、対応状況、対応時間、生産性の一元管理
  5. こちらが指定したタイミングや条件に応じて自動的に通知mailなどを送ることができる

主な活用方法と今後の展望

  1. 工数管理(貢献度・個人ごとの工数)
  2. データ分析部門と営業部門の連携(案件の管理及びアサイン)

今後は、案件ごとの貢献度、つまりリソースに対する費用対効果の把握をより簡略化するため、各メンバーの案件ごとの対応工数を時系列で表示したいと考えています。

そのために、ダッシュボードでグラフを作成し、 X軸:日付(週ごと) Y軸:案件ごとの対応工数の積み上げを可視化する予定です。

チームの全てを管理し、誰がどこで何をしているのか一目でわかる
monday.com


お電話でのお問い合わせ(平日9:30-18:30)

03-5989-0494

株式会社ギャプライズmonday.com(マンデードットコム)担当まで。