monday.comと他のタスク管理ツールの違いとは

monday.comはただのプロジェクト管理ツールではありません。

monday.comは世界中の管理職(マネージャー層)にとってタスク管理以外にも利用方法がある最先端のツールです。
広告事業のCRMバグの追跡顧客管理映像制作管理にも活用できます。
学校教師の授業計画飛行機の設計まで、数百通り以上の使い方があります。

monday.comが他のツールとの大きく違う理由

いくつかのポイントを紹介していきましょう。読み進めていくうちにmonday.com以外でプロジェクト管理ができなくなるでしょう。

タスクではなく、プロセスに注目

タスクの「完了」「未完了」を判断するボックスは、どの案件の誰のタスクなのかという情報を伝えられません。
タスクというのは「完了」「未完了」よりも複雑な状況におかれていることがほとんどであるからです。

一日遅れです」「〇〇さん待ちです」という状況はありませんか?

どのような管理ツールでも上記の問題には対応できず、メールや会議で情報共有することになります。ただ、monday.comを使えば対応できます。
monday.comはタスクのプロセスに注目しているのです。
monday.comは、一目でプロジェクトやタスクに関する情報を把握でき、各社員にとって透明性が高く明確で分かりやすいツールなのです。

文字ではなく、ビジュアルに訴える

1枚のボードには1000字の価値がある。

のんびりと読書するような時は、長い文章で構いません。しかし、時間との戦いである仕事では、長い文章は状況把握には向いていません。
monday.comは視覚的に訴えて状況を把握することができます。
色分けされたStatusカラム(状況を表示させる項目)によって、進捗状況を一瞬で確認できます。
視覚に訴えることは驚くほどにチームマネジメントにとって効果的です。直接話をせずにコミュニケーションができます。
会社のパソコンにmonday.comを導入すれば、各社員のタスクがどこで行われているのか、どのような状況なのか離れていても確認できます。

タスクではなく、全体像に注目すべき

長期プロジェクトがどんなタスクによって構成されているのかを理解している人はいません。どこでプロジェクトが立ち上がっているかさえ知らないことが多いのです。
あるタスクが完了した時でさえ、把握できていないときがあります。
「これ、みんなに知らせた?」「これ共有した?」と確認することはありませんか?
タスクは完了しても、プロジェクトは完了していないことを知っているからです。そのため、締切に間に合うかどうかを確認するために、会議で確認したり、長いメールをさかのぼったりするのです。

解決策は、トップダウンのアプローチです。目標を設定し、過程を細かく設定し、どこで案件が発生しているのかを追跡しましょう。
moday.comでは、全ての情報が1枚のシンプルなボードに。人に尋ねる必要もなければ、会議で意見をすり合わせる必要もありません。ほとんどのタスク管理ツールはタスクの羅列にすぎません。実際の管理はツールの外で行われています。だから、monday.comのように全体像に注目すべきなのです。

さあ、monday.comを無料で始めましょう。ほとんどのタスク管理ツールはタスクを羅列しただけの単なるリストです。
タスクではなく、チームメンバーを管理しましょう。チームの工数とモチベーションを管理し、マネージャーとしての人生を劇的にに変化させます。

※以上はmonday.com公式サイト “Why monday.com is So Different from Every Project Management Tool on the Market” の翻訳記事です。また、一部画像は原文より引用したものです。

monday.comを無料トライアルしましょう!

ぜひ、下記リンクより無料トライアルを始めてみてください。monday.comの良さが身をもって感じられるはずです!

その他活用事例は下記リンクよりご覧ください。