動画コンテンツ制作を効率的に進める方法

monday.comで動画コンテンツの制作を効率化

複雑な動画コンテンツ制作業務をスムーズに行いたい!と思っておられる制作会社の方は多いのではないでしょうか?
コンテンツ制作には必ず制作計画が必要です。
制作計画にはmonday.comが最善のツールです!

本記事では動画コンテンツを制作をしている企業の活用方法をご紹介します。

動画コンテンツ制作計画


イメージは英語となっておりますが、日本語に編集可能です。

  • Creative notes:対象・目的
  • Script:台本
  • Voice over:ナレーター
  • Location:ロケ地
  • Talent:出演者

動画コンテンツの制作過程には多くの修正があります。
修正過程を簡単に把握するためにはmonday.comを活用する事をおすすめします。

ロサンゼルスに本部を置く動画コンテンツ制作会社”Lemonlight Media社”は”Pre Production board” (制作準備ボード)を使って、制作過程を管理しています。

私には常に300人のクライアントがいる。monday.comを使う前は、メールの中から各クライアントの状況を探さなくてはいけなかった。 
しかしmondayをつかうと各クライアントの状況を確認できるようにになった。

Hope Horner / CEO of Lemonlight media

進捗情報の共有


イメージは英語となっておりますが、日本語に編集可能です。

上の図を見ると、”Preparation”段階のタスクが滞っている事が一目で確認できますよね?
顧客とのやり取りが必要な支払業務や承認業務では、タスクの滞りは禁物です。
monday.comの”Status”カラムだと各タスクの状態が簡単にチェックできます。

最高の動画コンテンツを制作するためには進捗状況の共有が重要です。

今までは顧客から返答がない場合、気づくのに時間がかかってしまっていた。
Hope Horner / CEO of Lemonlight media

ポストプロダクション

制作計画通りに撮影は完了しました。
しかし、ポストプロダクション作業が残っています。


イメージは英語となっておりますが、日本語に編集可能です。

  • Brand assets:動画編集
  • Music:動画コンテンツの音声
  • Audio mix:音声の編集
  • Color:動画エフェクト修正

上図は、編集業務、編集者とのコミュニケーション、顧客の承認を得たかどうかを把握できるボードです。
全動画コンテンツは同じ制作過程をたどるので、ボード1つあればすべての作品を確認できます。

monday.comを使って、動画コンテンツ制作をスムーズに進めましょう。

※本記事はmonday.com公式サイト””Video Production Project Managementの翻訳記事です。また原文にはない内容も少々含まれています。

まとめ

タスク管理ツールmonday.comはカスタマイズ次第で様々な活用方法がございます。
動画コンテンツが話題となっている日本で、動画コンテンツ制作会社も増えてきているかと思います。
是非monday.comに登録して、コンテンツ制作を効率化してみてください。

monday.comの無料トライアルは以下リンクからご登録下さい!

その他活用事例は下記リンクよりご覧ください。

その他活用事例は下記リンクよりご覧ください。