monday.comとGitHubの連携方法


GitHubとmonday.comの連携でコミュニケーションを円滑に

GitHubとは、コードベースの変更を管理でき、バグを追跡して、プロダクト開発管理に最適なプラットフォームです。

プロジェクト・タスク管理ツールmonday.comではGitHubを連携することができます。GitHubでは補えないタスクマネジメント機能をmonday.comで補完して、コーディング前にメンバーと計画を立てましょう!

外部連携設定

ステップ1

GitHubと連携させたいボードを開き、右上の”Integrations”(外部連携)ボタンをクリックして下さい。

“Integrations”(外部連携)ページには様々なアプリが用意されています。GitHubを見つけて、クリックしてください。

ステップ2

“Connect to GitHub”(GitHubと連携)をクリックして、GitHubのアカウントにログインしてくだい。

ステップ3

追加したい連携方法を選択してください。

  • When tagging a commit in this repository, create a pulse in this group with this prefix.
  • リポジトリにコミットをタギングするときにグループプレフィックスをつけてパルスを作る

  • When a new pull request is opened in repository, create a pulse in group.
  • 任意のリポジトリで新しいプルリクエストを開くときに、任意のグループにパルスを作る。

  • When a pulse ID is mentioned in a commit in this repository, create an update to the relevant pulse.
  • 任意のリポジトリのコミットでパルスのidが入っている時に、そのパルスにアップデート(チャット)を更新する

  • When push to master branch of repository, create pulse in group.
  • 任意のリポジトリのmasterブランチをプッシュするときに、任意のグループにパルスを作る

  • When issue created in this repository, create a pulse in this group.
  • 任意のリポジトリにイシューを起票する時に、任意のグループにパルスを作る

  • When a new pulse is created, create an issue in this repository.
  • 新しいパルスを起票するときに、任意のリポジトリにイシューを起票する。

monday.com上でバグをタスク化→GitHubイシューを起票

GitHubのコードを同期させて、スプリントプランニングを、画期的な方法に変えることができます。

  • スプリントプランニングボードを作成し、タスクをバグや開発中の機能の名前にします。

  • 次にボード右上にありますコンセントマーク(Integration)を選択し、GitHubをクリックします。その後、”When a new pulse is created, create an issue in this repository”(新しいパルスを作るときに、リポジトリにイシューを作る)を追加してください。


  • monday.comのスプリントプランニングボードにタスク(バグや開発中の機能)を追加すれば、GitHubにも表示されます!



※本記事はmonday.com公式サイト”GitHub Integration“の翻訳記事です。また原文にはない内容も少々含まれています。

monday.comを無料で試してみる

GitHubですとエンジニアの方のみの利用となりますが、monday.comの場合エンジニア以外の方にも簡単にご利用頂けます。顧客からバグやエラー報告を受けたときにmonday.comでタスク化すれば、すぐにエンジニアの方に共有できます。

無料トライアルは下記リンクよりご登録下さい。

登録不要のWeb会議システムを用いた操作説明はこちらから簡単にご予約頂けます。
その他、お問い合わせはこちらにご連絡下さい。