トヨタ生産方式「かんばん方式」+「To Doリスト」でダブル管理

「かんばん方式」+To Doリストでダブル管理

トヨタで採用されているという生産方式「かんばん方式」を用いたタスク管理方式が注目されております。

従来のタスク管理ツールではトヨタの生産方式「かんばん方式」表示のみ・To Doリスト表示のみというような、表示形式が固定されているものが多いかと思います。
monday.comではどちらも表示させることができます。

本記事では、注目されている「かんばん方式」について、monday.comでの設定方法についてご紹介します。

かんばん方式とは?

「かんばん方式」とは業務効率の向上のために、トヨタにて生み出された生産方式です。
トヨタの生産方式をタスク管理ツールに取り入れることによって、どの会社でも業務効率を向上が期待できるのです。

トヨタ生産方式「かんばん方式」

トヨタにて「かんばん方式」が生み出された背景には、「ジャスト・イン・タイム」という考え方があります。

「ジャスト・イン・タイム」とは、「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」という意味です。
自動車のように3万点にものぼる部品から造られている製品を、大量にしかも効率良く生産するためには、部品の調達などのために、ち密な生産計画を立てる必要があります。
その、生産計画に応じて「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」供給できれば、「ムダ、ムラ、ムリ」がなくなり、生産効率が向上します。
「かんばん方式」は、かつて「スーパーマーケット方式」ともいわれ、まさにスーパーマーケットからヒントを得て考案されました。スーパーマーケットや量販店では、商品名、品番、置き場所など、商品に関する情報が記載されている商品管理用のカードが使われています。これをトヨタでは「かんばん」と称し、生産管理の工程に道具として使用したことから、「かんばん方式」と呼ばれるようになりました。
引用元:ジャスト・イン・タイムについて

トヨタの「かんばん方式」はどのようにタスク管理で活用されているのでしょうか。

タスク管理における「かんばん方式」

タスク管理における「かんばん方式」とは、「完了」「作業中」「未完了」とラベルを分け、ラベル毎でタスクを分けることによって、タスクの状況を一目で把握でき、必要な情報だけを入手する事ができます。

monday.comの”Kanban View”(かんばん方式)

monday.comでは「かんばん方式」でも「To Doリスト方式」でもタスク管理を行うことができます。

ボード+かんばん

ボードというのはmonday.comのタスク管理画面の事を言います。
ボード(下画面)+かんばん方式(上画面)を表示させることによって、一目で把握したい進捗状況はかんばん方式で、納期や添付ファイルなどの詳細情報はボードでチェックする事ができます。

かんばんのみ

もちろんかんばんのみの表示可能です。
+Add pulseよりタスクを追加することができます。

設定方法

1.ボードを作成

monday.comのデフォルトのタスク管理画面はTo Doリストのようになっており、「ボード」と言います。30種類ご用意している項目(担当者や納期等)からお好きな項目だけを追加後、Create New Pulese (Row)からタスクを追加して行く形となります。

実際のボードはこちらからご覧いただけます。

無料トライル登録はこちらお問い合わせはこちらデモのご予約はこちら

2.”Kanban View”(看板表示)を追加

ボードを作成後、かんばん方式を表示させるにはView CenterからKanban Viewを選択します。
ボード右上にありますAdd ViewよりView Centerを開くことができます。
一度Kanban Viewを開くと、次回からはボード右上に(かんばんマーク)が表示されますので、ワンクリックで表示させることができます。

無料トライル登録はこちらお問い合わせはこちらデモのご予約はこちら

無料トライアル

かんばん方式+To Doリスト方式の両方でタスク管理を始めてみませんか?

登録不要のWeb会議システムを用いた操作説明はこちらから簡単にご予約頂けます。
その他、お問い合わせはこちらにご連絡下さい。

冒頭でも述べましたがmonday.comはカスタマイズ性に富んだタスク管理ツールです。
社内業務マニュアル管理・タスク管理以外の活用方法もたくさんありますので、下記活用事例よりご覧ください。