タスクに担当者をアサインする方法

タスクに担当者をアサインしてリソース管理しましょう

プロジェクト管理において、タスクに各社員をアサインする事は非常に大事です。
各社員がタスクの責任者や担当者を視覚的に把握できると、より当事者意識も芽生えるはずです。

タスクに担当者をアサインする方法

Personカラムの追加

各タスクに担当者をアサインするにはPersonカラム担当者を表示させる項目)をボードに追加する必要があります。


担当者名の入力

イメージは英語となっておりますが、日本語に編集可能です。

タスクにアサインする担当者の名前を入力し、ドロップダウンメニューを開き、担当者の名前をクリックします。

タスクに各社員をアサインする度に、アサインされた人は画面上部のベルマークで通知を受け取る事ができます。

プロフィールのメニュー画面からメールで通知を設定する事もできます。

タスクに複数担当者をアサインする方法

イメージは英語となっておりますが、日本語に編集可能です。

1つのタスクに対して複数の社員が対応する場合があります。
その際にご活用いただけるのがTeamカラム(チームとして担当者を表示させる項目)です。
チームをタスクにアサインすると、そのチームに所属している社員は、ベルマークと電子メールで通知を受け取る事ができます。(電子メール通知がオンの場合)

PersonカラムTeamカラムの両方でリソース管理を効率的に行うことができます。

2019年1月にMultiple Personカラムという複数人をアサインできる新カラムが発表されました。
従来のPersonカラムに複数人アサインできるという機能です。

アカウントに招待されていないユーザーにタスクを割り当てることはできますか?

できません。アカウントに招待されているユーザーのみがタスクにアサインされます。
招待されてない人をアサインする場合は、Textカラム(自由に文字を入力できる項目)を追加して手動で追加することをお勧めします。

FAQ: Assigning tasks to your teammates

※本記事はmonday.com公式サイト”How do I assign tasks to my teammates“の翻訳記事です。また原文にはない内容も少々含まれています。

monday.comを無料で試してみましょう

mondayには様々な便利な機能があり、うまく利用することで一人ひとりのモチベーションを保ちつつ、チームが一丸となってプロジェクト達成に向けて活動できます。
mondayの無料トライアルは以下リンクからご登録下さい!

その他活用事例は下記リンクよりご覧ください。