Slackと連携して社内全体でタスク管理しましょう

タスク管理ツール「monday.com」のタスクをSlackで通知しましょう

日本国内でも導入企業が続々と増えている社内チャットツールSlack
Slackにタスク管理ツールを連携できると便利だとは思いませんか?
世界45,000社以上(2018年12月時点)で導入されているタスク管理ツールmonday.com」なら簡単に連携できます。

  • Slackと連携できるタスク管理ツールを探している方
  • Slackだけだとタスク漏れが発生しているとお困りの方
  • 社内全員でタスク管理を行っていきたい方
  • 業務効率を上げたい方

ぜひ、monday.comSlackを連携してみてください!

Slackとmonday.comの連携例

例えば、下図のようにmonday上で「案件進捗ボード」に「請求書作成」というタスクを追加したとします。

すると、Slack上で「案件進捗ボードに請求書作成というタスクが追加されました」と通知することができます。

今回は「monday上でタスクが追加されたらSlackのチャンネル上で通知する」という設定を行っていますが、その他にも4パターンの連携方法がございます。

    • mondayのStatusカラムが特定の状態に変更されたときに、Slackで通知する

使用例:monday上のタスクの状態が「完了」となったときに、Slack上で「***というタスクが完了になりました」と通知を行えます。

    • mondayのカラムが変更されたときに、Slackで通知する

使用例:monday上のタスクの納期が変更されたときに、Slack上で「***というタスクの納期が変更になりました」と通知が行えます。

    • mondayのあるタスク上でチャットが更新されたら、Slackでチャット内容を通知する

使用例:mondayのあるタスクにおいて、追記事項などをチャットすると、Slackで「***というタスクで***というチャットがありました」と通知が行えます。

    • mondayでチャットが更新されたら、Slackでチャット内容を通知する

使用例:同上(すべてのボードのチャット内容が通知されます。)

それでは設定方法をご紹介します。

設定方法

    1. monday.labsをクリック

プロフィール写真をクリックして”monday.labs”をクリックしてください。

    1. Automationを有効化

AutomationをActivateしてください。この作業を行うことによってAutomation機能を使用できます

    1. 画面上に表示された”Automation”をクリック

Activate(有効化)したことによって”Automation”が画面上に表示されますので、クリックします。

    1. Slackをクリック

今回はSlackと連携させます。

    1. 1番上の左端”When a pulse created, notify in channel”をクリック

様々な連携方法が表示されますが、今回は「monday上でタスクが追加されたときに、Slackの特定チャンネルに通知する」という設定を行います。

    1. Notifyをクリックして通知内容を編集

Slack上でどのような文面で通知するのかを編集します。こちらの場合だと「(ボード名)に(パルス名)というタスクが追加されました」と設定しております。

    1. Slackのチャンネルを選択

Slackのどのチャンネルで通知するかを選択します。これで設定は完了です。

まとめ

Slackとmonday.comの連携で社内全体でタスク管理を行うことができ、タスク漏れを簡単に防ぐことができるようになります。無料トライアルでもSlackとの連携は可能です。

その他にもGitHubShopifyGmailなど様々なツールと簡単に連携できるようになっております。

一度お試しいただき、mondayの使いやすさを体感してみてください。

その他活用事例は下記リンクよりご覧ください。