制作コンテンツの進捗状況管理方法

プロダクトの制作課程で、各段階の進捗状況把握できないという経験はありませんか?
このテンプレートを利用すれば、製品の制作計画から販売までの状況を把握できます。
チーム全体が状況を把握できるようにしましょう。

このテンプレートでできること

  • プロダクト制作計画が簡単に可能
  • タスクの進捗状況、遅延状況を一目で把握
  • コミュニケーションもボード内で可能
  • タイムラインで担当者の負荷を確認
  • ファイルやコミュニケーションを一括管理
  1. タスクの色で進捗状況を把握
  2. チームの進行状況を確認
  3. チャット機能・ファイル保存機能
  4. 担当者設定機能
  5. カスタマイズ可能

タスクの色で進捗状況を把握

進行状況を色別で分けることで、制作ラインの状況が一目でわかります。
「Statusカラム」を追加して編集してみましょう。

※イメージ図は英語ですが、日本語に編集可能です。

  • カラム:縦軸方向の項目総称
  • Statusカラム:進捗状況に用いる項目
  • Done(完了)、Working on it(進行中)、Stuck(未達成)は日本語に編集可能です。

チームの進行状況を確認

チーム内で情報伝達ができていますか?
ボード上であなたが何の作業をしているのかをチーム全体に知らせましょう。

チャット機能・ファイル保存機能

  • チャット機能
  • monday上でのチャットにより、ミーティングの時間を削減して、時間を有効活用しましょう。
    もう進捗確認のためのメールをする必要はありません。

  • ファイル保存機能
  • monday.com上でファイルやメールを一括管理できます。
    どこにファイルがあるかわからない、そういう状況を解決できます。


※イメージ図は英語ですが、日本語に編集可能です。

担当者設定機能

「Personカラム」で各タスクに担当者を割り振りましょう。
こうすることで、一人一人が責任感を持って業務に取り組めるのです。

※イメージ図は英語ですが、日本語に編集可能です。

  • Personカラム:担当者を割り当てるための項目

カスタマイズ可能

カラムの追加、削除をして独自のボードを作りましょう。
monday.comはシンプルなので、だれもが練習なしに簡単に操作できます。

  • カラムの右上の+マークをクリックすると自由にカラムの追加ができます。


※イメージ図は英語ですが、日本語に編集可能です。

※本記事はmonday.com公式サイト”Production Tracking“の翻訳記事です。また原文にはない内容も少々含まれています。

まとめ

プロダクトの制作のためには明確な見通しをもち、チーム全員が進行状況を把握する事が最も大事です。
monday.comを使って、プロダクトの制作計画を効率化しませんか?

その他活用事例は下記リンクよりご覧ください。