catch-img

monday.com 使い方・基本操作

基本操作

monday.comの基本操作についてご紹介いたします。
操作はシンプルなので、すぐに使いこなせること間違いありません。
PDFバージョンはこちらをご覧ください。

目次[非表示]

  1. 1.1. ボードの作成
    1. 1.1.1-1. ボードを選びましょう
    2. 1.2.1-2. テンプレートから作成する
  2. 2.2. 縦軸項目(カラム)の追加
    1. 2.1.2-1. 追加方法
    2. 2.2.2-2. 基本カラムの紹介
    3. 2.3.2-3. その他カラム
  3. 3.3. チャット・ファイル保存機能
    1. 3.1.3-1. チャット機能(Update)
    2. 3.2.3-2. ファイル保存機能(Info Box)
  4. 4.4. ビュー機能
    1. 4.1.4-1. ビュー機能とは?
    2. 4.2.4-2. 活用方法

1. ボードの作成

1-1. ボードを選びましょう

タスクを管理する画面を「ボード」と言います。
ボードには3種類あり、用途によって使い分けられます。
左メニューよりお好きなボードの下にあります「+New」を押してボードを作成しましょう。
※テンプレートを使用する場合はコチラからお選びください。

  • Boards

ご登録頂いた貴社のユーザー全てが閲覧できます。

  • Shareable Boards

クライアントやパートナー企業の方など、
外部の関係者をゲストとして招待することができます。
ゲストは招待されたボードしか見ることができないので、
貴社のプライバシーはしっかり守られます。

  • Private Boards

作成者と招待したユーザーのみが閲覧可能なボードです。
自分専用のタスク管理場所とする、特定の人とだけ共有する、というような使い方ができます。

1-2. テンプレートから作成する

  1. 左メニューの「Board」下にあるを「+New」クリックし、ボード名を入力

ボード名を入力

  1. テンプレート一覧画面でお好きなテンプレートを選択

事業や部署によって異なる多数のテンプレートを用意しております。
お好きなものを選び、「use」をクリックしてください。

英語だから触りづらいと思いましたか・・・?
横軸の項目はご自身で日本語に編集可能です。次項にてご紹介します!

横軸の項目はご自身で日本語に編集可能

2. 縦軸項目(カラム)の追加

真っ白のボードに縦軸項目(カラム)を追加していきましょう。
カラムは全部で33個。
ご自身で使いやすいようにアレンジして下さい。

2-1. 追加方法

追加方法

ボード右端にある「+」ボタンをクリックすると基本的なカラム7つが表示されます。
Column Storeでさらにカラムが追加できます。
ここでは基本的な7つのカラムを紹介します。

2-2. 基本カラムの紹介

  • Statusカラム:タスク状況を表示させるカラム

色や状況はカスタママイズ可能です。

色や状況はカスタママイズ可能

  • Textカラム:テキストボックスカラム

備考欄、メモ欄など多様な使い方ができます。

多様な使い方

  • Personカラム:人を割り当てられるカラム

担当者、サブ担当者、承認者など、人を割り当てられることのできるカラムです。
アイコンが表示されるようになっており、マウスポインタで名前が表示されます。

マウスポインタで名前が表示

  • Timelineカラム:作業期間を設定できるカラム。ガントチャートも表示可能

バーの左端をクリックすると開始日を、右端をクリックすると終了日をカレンダー上で選択できます。

カレンダー上で選択

バーをクリックすれば、ボードにあるパルス全ての作業期間をガントチャート形式で一覧表示できます。
担当者別/グループ別/状況別でフィルタリング可能です。

フィルタリング可能

  • Dateカラム:日付を入力するカラム

納期やアポイントの日など、ご自由に変更可能です。

自由に変更可能

納期が近づくにつれて、表示アイコンが変化する「アラート機能」もございます。
Dateカラム右側をクリックし、「Set as deadline」を選択してみましょう。

アラート機能

完了しているタスクには打消し線で表示されます。
納期が過ぎているタスクには赤い「!マーク」が表示されます。
納期が近づいているタスクには時計のようなマークで表示されます。

納期が近づいているタスクには時計のようなマークで表示

2-3. その他カラム

その他にもたくさんのカラムが用意されております。

その他カラム1

その他カラム2

その他カラム3

その他カラム4

3. チャット・ファイル保存機能

monday.comではタスクごとにチャット、ファイル保存機能がございます。
タスクに関するやり取りをチャットで集約することによって、メールや口頭で確認する必要がありません。
ファイルも一括保存することによって、社内のどこにあるかを探す必要がなくなります。

3-1. チャット機能(Update)

  • メンション機能:@で宛先を指定することができます。

@Everyone on this boardとすると、ボード内全員を指定できます。

  • チェックリスト機能:チェックボックスを作成できます。

パルスの子タスクとして利用可能です。
チェックリストをすべてチェックすると、パルスの右端に表示されておりますチェックマークが緑色に変化します。

  • 添付ファイル機能

添付ファイル機能

3-2. ファイル保存機能(Info Box)

上記で説明したチャット機能でもファイルは添付できますが、「Info Box」に添付を保管する事もできます。
チャットだと流れてしまうようなファイル(メッセージ)はここに保管しましょう。

「Info Box」に添付を保管する事もできます

4. ビュー機能

4-1. ビュー機能とは?

こちらは試して頂くのが1番わかりやすい機能となっております。
ボード右上にございます「+ Add View」をクリックしてみてください。
簡単に全ビューを紹介させていただきます。

簡単に全ビューを紹介

  • Files:

ボードにアップロードされた全てのファイルを一覧表示できます。

  • Map:

「Location」カラムで設定した位置情報を、Google Map上で一覧表示できます。

  • Timeline:

ガントチャートを表示します。詳細はTimelineカラムをご覧ください。

  • Chart:

円グラフ、棒グラフ、折れ線グラフで各カラムのデータ集計結果を表示できます。

  • Calender:

カレンダー形式で作業期間を一覧表示することができます。

  • Form:

フォーム形式で各カラムの情報を入力し、それらが反映されたパルスを作成できます。

  • Kanban:

かんばん方式でパルスを表示することができます。

  • Broadcast View:

URLを入力するだけでボードを閲覧できる機能です。(カラムの編集はできません)
使用例としては、クライアントにURLを送付すれば、クリックするだけで進捗状況を共有できます。

4-2. 活用方法

活用方法につきましては準備中です。もうしばらくお待ちください。

無料トライアル登録