catch-img

納期アラート・リマインダー機能

納期アラートやリマインダーを設定するには?

オートメーション機能を利用してDateカラム(納期の項目)やTimelineカラム(予定期間を入力できる項目)を元に納期のリマインドをできます。

  1. オートメーションストアから設定
  2. Dateカラム(納期の項目)、Timelineカラムから設定

本記事では設定方法を紹介します。

“Automations”(オートメーションストア)

現在”Automations”(オートメーションストア)で3種類のリマインダーを用意しております。

3種類のリマインダー

  • When date arrives, notify someone

納期のx日前のx時にxxxさんにxxxxと通知する

  • When date arrives and status isn’t something, notify someone

納期のx日前にStatusカラム(進捗状況を表示する項目)がxxxになっていなかったら、xxにxxxxと通知する

  • When a pulse move to group, notify someone after some time

パルス(タスク)がxxxグループに移動したxxx日前/後にxxにxxxと通知する

Whenの部分は納期当日・納期より前のどちらかに設定できます。
xxxの部分はご自由に編集頂けます。

オートメーションの詳しい設定方法はこちらから。” monday.com Automations.

カラムメニューより設定

Dateカラム(納期を入力できる項目)、Timelineカラム(予定期間を入力できる項目)からもリマインダーを追加できます。

まだリマインダーを設定していない場合

アップダウンメニューを開き“Set date Reminders”を選択します。

“Set date Reminders”を選択

オートメーションの“When date arrives, notify someone.”が自動的に設定されます。
いつ通知するのか・誰に通知するのかを設定しましょう。

“When date arrives, notify someone.”が自動的に設定

DateカラムやTimelineカラムをStatusカラムとリンクさせている場合

アップダウンメニューの“Set Due Date Reminder”を選択します。

“Set Due Date Reminder”を選択

オートメーションの“When date arrives and status isn’t something, notify someone”.が自動的に設定されます。
いつ通知するのか・誰に通知するのかを設定しましょう。

“When date arrives and status isn’t something, notify someone”.が自動的に設定


※本記事はmonday.com公式サイト”How do I create deadlines alerts or reminders“の翻訳記事です。また原文にはない内容も少々含まれています。

無料トライアル登録